病院 保育園

夜間保育の問題

夜間保育は現状難しい

看護師は24時間昼夜問わずに働く職業ですが、それに対応している保育園、すなわち夜間の預かりを実施している保育園はありません。それゆえに大きな病院では、院内の一区画に育児スペースを設けて、さながら保育園とまではいかなくとも、児童預かり所のような設備が設けられています。

 

託児所を設置する職場が増えている

近年の大企業の中には託児所を設けている企業も存在し、子育てをサポートすることに感心が高まっています。しかし、看護師のように、病院での仕事というものはずいぶんと昔からあり、その歴史が長いために託児所のようなものが古くから設けられてきましたが、決して十分なものとはいえませんでした。
看護師の不規則な勤務体系に対応するため、院内保育は連日24時間体制での対応に迫られ、働く保育士もさながら看護師のごとく昼夜問わずハードな仕事を強いられています。しかし、それにも関わらず、院内保育に預けられる子供の数は不安定であるために、雇われる保育士は非正規雇用のアルバイトだけとなり、待遇があまりにも悪いために院内保育で働き続ける保育士があまりにも少ないのが現状です。

院内保育の安心感

看護師にとって院内保育は、仕事の合間に子供の顔を見に行けたり、同じ病院内にいるという安心感は大きなメリットです。そのためにも、しっかりとしたサポートがなされるべきなのですが、院内保育の問題は保育士不足だけに留まりません。看護師や医師の保育をサポートするために設けられている施設であるために、同じ病院内で働く医療従事スタッフでも、看護師や医師でなければ利用できない立場の方がいる病院もあります。少子化が叫ばれる時代であるからこそ、育児に対するしっかりとした体制作りが急務となっています。