看護師 子育て

ナースの育児サポート体制の現状

24時間体制の保育は皆無に等しい

小さな個人病院を除き、大きな病院や医療施設で働く看護師は基本的に24時間体制で勤務する職業です。しかし、24時間体勢で子供を預かってくれるような保育園などが存在しないのが現状です。そこで、病院では育児をサポートするために、古くから独自に院内保育と呼ばれる制度を設けて、保育士を雇った託児所のようなものを病院内に設置しているところが多くあります。一見、大企業さながらに充実した育児サポートが行われているように思われがちですが、実際は他の保育所に比べて十分な保育が行き届いているとは言いがたいです。ただし、院内に設置されているため、すぐに手の届く範囲に子供がいるという安心感もあり、休憩時間に顔を見に行ったりできるというメリットはあります。しかし、実際には保育士の雇用条件が劣悪なために十分に職員を雇えず、結局通常通りの保育所に預けたりする人もいるようです。その場合はどうしても配偶者の理解と協力が必要となることも、少し問題となります。しかし、他の職業と同様に、子供を授かり親になると、人は一段とたくましくなるものです。「母は強し」と昔から言われるように、育児から親が学ぶことも多くあり、子供ができたことで仕事にもプラスになる影響が多くあります。

結婚と同時に離職する人が多数

看護師は多忙でハードな職業です。それゆえに、結婚を機に離職する看護師が後を絶えません。育児を重要視して意識する女性ならではの問題であるとも言えますが、それだけ子供を大切に育てたいという親心でもあります。看護師は再就職がし易い職業でもあるので、子供が成長するまで、職を離れるというのも一つの手段かもしれません。