看護師 育休

育児休暇における問題点

育児休暇制度とは

社旗福祉制度が見直されつつある現在では、働く社会人にも育児休暇というものが設けられています。最近では、母親だけでなく、父親も育児休暇を取ったりして育児に専念したりする人も増えているため、まさにジェンダーフリーに理解者が増えてきています。
一般の企業同様に、看護師にも育児休暇の制度があります。この場合、申請できる期間は人によって様々なようですが、育児休暇後の復職してすぐに辞めてしまう看護師の方も多くいるようです。その理由は、仕事と育児の両立が難しいという単純な構図だけではないようです。

 

育休後の復帰

復職した看護師が辞職する理由の一つとして配置転換があります。職場復帰に際し婦長の配慮などにより、育児をし易い、すなわち子供の緊急時の突発有休などをとりやすい部署への異動など、異動理由は様々ですが、部署異動が行われることが多いようです。特に、異動すると初めて覚える仕事ばかりなので、慣れるまではストレスが溜まりがちです。育児でもストレスが溜まるのに、仕事でもストレスが蓄積していくと、その重圧に耐え切れなくなり辞めてしまう看護師の方が多くいます。
看護師は転職や再就職もし易い職業なので、育児を機に一度辞職し、子供がある程度成長するまでは、仕事をせずに育児に専念するというのも一つの手です。子供にとって、親の存在はとても大切なものです。子は親の背中を見て育つのです。仕事をしながら子育てをするにしても、子育て一筋でいくにしても、大切に育てて良い事をいっぱい教えてあげたいものです。