ナース あるある

ナースのあるある話

ナースと患者さんとの関係

看護師の仕事自体が免許が必要な専門職で、魅力的なものですが、看護師が仕事をしている中で魅力を感じる、看護師あるあるをピックアップしました。まずはやっぱり「ありがとうの声」ですよね。患者さんからもそうですが、家族からもそういった声をかけてもらうケースは多いと思います。複雑なケースとしては、退院後またすぐ入院する患者さんから「顔が見たくなって帰ってきたわ」的な言葉を頂くことだと思います。患者さんからは信頼されていると感じますが、やはり体調の問題があるわけですので。

 

自分の頑張りを認められたとき

能力を認められたと感じる場面でも、やはり喜びを感じますよね。一緒の病院で勤務していたドクターが開業する時に「一緒に手伝ってほしい」という言葉、これもうれしいものだと思います。現に新規オープンの場合、給与が当初の予定より少なくなったり、何かとトラブルが多いにも関わらず、こういった声をかけてもらうとついていってしまうようです。
基本的には、自分の頑張りが認められていると感じるときに、喜びを感じます。どの職種でもそうだとは思いますが、看護師の場合は専門職であるというプライドも高いものがあるため、特に大切なことなのです。認められていると感じることができる状態であれば、少々給与が安い、休日が少ないといった条件面であっても、頑張っている看護師は多くいます。自分を必要としてくれていると感じたときに、看護師の魅力を再認識し、さらに精進する、そういった職種が看護師なのです。