看護師 やりがい

ナースという仕事の「やりがい」とは

ナースは専門職

看護師のやりがいは、なんといっても看護師免許がないと出来ない専門職といった部分だと思います。誰でもできない仕事で、そして人を助ける仕事ということで、大変な中に人の役に立っているというやりがいを感じています。また、女性が中心となって盛り上げている職場として、キャリアウーマンを目指す方には、看護師という仕事はやりがいを感じると思います。看護師という仕事は、やりがいは多い仕事なのですが、残業や休日の少なさなど、なかなか労働環境が整っていないケースが多く、やりがいをやりがいと感じることができない方も多いです。仕事に対する余裕がもう少し生まれてくる環境が必要だと思います。

 

向上心が生まれる

また、看護師はドクターから助手として頼りにされ、患者さんから病院内で一番身近にいて理解してくれる人として頼りにされ、患者の家族からも感謝される、病院内では縁の下の力持ち的な存在です。看護師は一生涯看護師として仕事ができるため、常に向上心を持って勉強することが出来ます。これも、看護を極めるというやりがいになっていると思います。

新たな活躍の場も

また、訪問看護という仕事も最近増えており、訪問看護は看護師がメインでサービスを提供するということで、病院とは違ったやりがいがあります。もちろん、利用者の住まいでサービスを行うということで難しさもありますが、自分の判断で業務を行えますので、今までのキャリアを活かして、さらに向上するといったことも可能になります。看護師はやりがいに溢れた仕事だと思います。