看護 役割

ナースが果たす「役割」

ドクターの大切なサポート役

看護師の役割は基本的にサポート業務です。ドクターの仕事をサポートすることが最も大切な仕事になります。ドクターは、直接的な治療と治療後の指示を出すのですが、それをサポートするのが看護師の役割です。

 

治療を行うのはドクター。じゃあナースは?

看護師は直接的に患者さんの治療を行うことはありません。しかし、看護師なしには治療が進みませんし、治療後のケアも上手くいきません。また、患者さんの一番近くにいる存在ですので、患者さんのことを一番知っているのも看護師です。看護師がちょっとした変化も気づくことで、大きな問題になる前に治療を行うことが出来るのです。そう考えると看護師の役割は少し地味な感じはしますが、とはいっても患者さんが適切な処置を受けて、少しでも早く退院するためには最も大切な関わりを看護師が行っていると言えます。また、最近ではリハビリなどに力を入れる病院が増えており、リハビリスタッフと連携をとりながら、患者さんの早期社会復帰を目指すお手伝いもしています。ここでも、看護師さんの役割は率先してリハビリを行うことではなく、リハビリを受ける患者さんのサポートになります。

ナースは縁の下の力持ち

こういったことから看護師はなんでも屋的な役割のように感じますが、あくまで患者さんのことを把握することが、看護師の一番の役割なのです。看護師がしっかりと患者さんのことを把握しているから、他の職員が患者さんと接する時に正確な情報をもとに接することが出来ます。医療ミスも看護師さんがしっかりと観察できていることで防げることも多いです。