ナース 仕事内容

ナースの仕事内容とは

ナースの基本の仕事

看護師の仕事内容は、どのような業態、配属先で仕事をしているかで異なってきますが、基本は採血・点滴・注射です。もちろん、バイタルチェックなども行いますし、観察も大事な業務です。救急の場であれば、ドクターが少しでも早く適切な処置が出来るような状態にしていく準備が大切になってきます。
療養の場では観察が大切な業務です。日々の患者さんの状態に変化がないかどうかをしっかりとみることが大切です。こういった業務は経験が必要ですので、経験の浅い看護師が療養病棟で勤務をすると、暇に感じることが多いようですが、こういった観察が不十分なのだと思います。

 

業務内容

オペ室では器械だしや機材の洗浄、準備が業務になります。特に器械だしに関しては、ドクターの特徴を把握しドクターが気持ちよくオペが出来るようにサポートすることが大切です。この場合もドクターへの観察が重要になってきます。他にも訪問看護や施設関係などで様々な業務がありますが、基本的には観察や採血・点滴・注射が主な仕事内容といえるでしょう。看護師は経験を積んでいくことで、様々な場面に遭遇し、それがまたスキルとなってさらに仕事の幅が広がっていきます。

ナースの仕事はこれだけじゃない

看護師の仕事内容は一概にこれだけということが言い難いところがあります。先輩看護師から仕事を学び、上司から看護師としての姿勢を学び、そして様々なドクターと接することで、どんな場面でも対応できるようになります。こういった点からみると、転職することもスキルを磨くことに繋がりますので、決して悪いことではないですね。