ナースになるには

ナースへの道

ナースになるには学校への通学が必要

看護師になるためには3年制の専門学校、もしくは大学で専門の学科を卒業する必要があります。但し、准看護師に関しては2年制の専門学校、もしくは高等学校の衛生看護科を卒業すれば取得できます。看護師は学校を卒業する際に、看護師試験に合格することで看護師になることができます。合格率はかなり高いものになっていますので、学校できちんと勉強していれば大丈夫ですが、看護師試験の受験をする前に挫折するケースも多くあります。それは、実習で看護師になることを諦めて、最悪退学してしまう場合です。

 

座学、実習を積む

看護師の場合は、座学だけではなく実践的な訓練や実際に病院での実習などがあります。そういった中で、看護師という仕事が自分には向いていないと感じる看護学生が出てくるのです。
確かに看護師という仕事は誰でもができる仕事ではありません。卒業して病院で働く中で、なかなかついていけずに看護師を続けるか辞めるかでかなり悩む方もいます。看護学生の場合は、まだ免許を取得していませんので、自分には無理と思えば比較的容易に諦めがつきますが、看護師免許を取得してしまうと、看護師の仕事をしていなくても看護師なのです。

資金困難

看護師はなるのが難しいのではなく、なった後に様々な困難が多いです。看護師不足の中で、奨学金制度も充実しており、病院が奨学金を出して卒後何年か働く、いわゆるお礼奉公で返すという制度もあります。看護師になるためのお金もあまり必要ないのです。しかし、看護師の仕事の厳しさは十分に知った上で選択した方がいいですね。