ナース 求人

提示されていた労働条件と違う

転職方法は様々

看護師は転職する際、紹介会社、求人広告、ハローワークを利用する、自分でホームページを見て応募する等があります。以前は求人広告などを確認し、自分で応募するケースが多かったのですが、最近では紹介会社の利用が主流になってきています。理由は様々ありますが、1つとして求人との条件が違うといったケースを防ぐために紹介会社を利用するようになってきているということがあります。紹介会社を利用した場合、求人との条件がもし違うということがあった場合、紹介会社を利用していれば、紹介会社の担当エージェントが確認してくれます。
自分自身で確認できないこともないですが、冷静な話し合いが出来ない可能性が高いため、紹介会社のこのサービスは案外重宝すると思います。

病院側との認識のずれ

求人との条件が違い事はそうないと思われるかもしれませんが、細かい部分まで見ていくと、認識違いなどで条件が違っていると感じることは多々あります。例えば休日などは、書き方次第で様々な解釈が出来ます。看護師の場合、シフト制になっていることが多い、4週8休制などの記載が多いです。この時に半日休みが2回あった場合に1日とカウントする場合があります。こういったことも事前に確認しておかないと、条件と違うと感じてしまいます。大抵は認識違いが多いため、第3者である紹介会社に間に入ってもらって、確認したことを説明してもらうのがベストです。感情的になって病院と喧嘩することになるといいことはありません。