ナース 悩み

ナースの現場は人間関係が難しい

看護師の人間関係は難しい、とよく言われますが看護師の人間関係の中でも上司と後輩との人間関係が難しくなっています。上司との人間関係というのは、看護部長や師長、主任のことを指しますが、最も問題が起こりやすいのは師長とです。師長はシフトの作成や、勉強会、委員会活動を部署に落とし込んだり、看護部長からの看護部の方針を部署に伝えたりします。つまり、現場と経営側との間に立たされる中間管理職のような感じです。こういった師長に関しては、経営側の方針をきちんと分かりやすく、尚且つ反発がないように上手く伝えることが求められます。
また、シフト管理など誰かに負担がかかることがないように、また部署内で不満の声が挙がらないように調整することが大切です。それが上手く出来ている師長との間では比較的人間関係は上手くいくのですが、上手く間に立てない、えこひいきをする師長との間にはトラブルが発生しやすいです。

 

新人ナースとの関わり

後輩との人間関係も最近特に難しくなっています。いわゆるゆとり世代ということで、教育の仕方を変えていかないとついてこないからです。ついてこれない人員は削減するといった方針であればいいのですがどの病院でも看護師不足が謳われている状態で、どんどん新人看護師に辞められてはかないません。世代が違うと考え方も違うということを理解し、受け入れていかないと育っていかないという状況にあります。上と下と各々難しい点はありますが、上手く付き合っていくことが長く勤めるためには重要なことになってきます。