ナース 育児休業 保険料免除

育児休業と保険制度

厚生年金と国民年金の違い

看護師として働く場合、大きな病院だけでなく小さな病院やクリニックで働くことも考えられます。そういった場合、特にクリニックは厚生年金に最初から入っているところは少なく、個人で国民年金に加入するよう促しているところが多いです。その実体としては、医療法人であれば、開業医であれど厚生年金に加入する必要があるのですが、法人ではない場合は加入の義務が発生しないからです。看護師にとってこれはメリットでもあり、デメリットでもあります。就職先で厚生年金が組み込まれていれば、特に個人で手続きする必要もなく、年金についてあれこれ心配する必要もないのですが、個人での加入となれば色々調べて役所に行かなければならないというデメリットが生じます。

保険料免除制度とは

転職の多い看護職の場合は、こういったクリニックを転々とするならば、端から厚生年金が無いほうが、職を離れていた時期にいちいち国民年金に加入する必要もなく、ずっと国民年金に入っていればいいので手間が大きく省けるというメリットもあります。ただし、育児休業中には国民年金か厚生年金かで大きな問題が生じます。厚生年金の場合は基本的に保険料免除の制度が適応されるのですが、国民年金の場合は保険料免除が適応されません。その理由は、国民年金自体が自営業者もしくは無職向けの年金だからです。働いていないのに育児休業はありえませんし、不安定で不透明な個人事業にまで国は関与しません。看護師でありながらも、国民年金に加入していることで大きな落とし穴があるのを忘れてはいけません。